サイトマップ

不登校、引きこもりからの復学、進学ガイド

最新ニュース

“話を聞いてくれる存在”児童福祉の専門家がカフェを運営【東京・世田谷】

世田谷代田駅の目の前に位置するカフェ「シモキタトナリ」は、一般社団法人「SHOEHORN」(シューホーン)が経営する小さな喫茶店です。

スタッフのほぼ全員が児童福祉の専門家であり、カフェの準備中に、不登校に悩む子ども達へ勉強を教えるなどの福祉活動のボランティアを行っています。

福祉新聞によると、代表の武石和成さんは自身が児童養護施設で働いていた際、衣食住の確保のほかに“話を聞いてくれる存在”が求められていると気付き、“話を聞いてくれる存在”に専念するため「シモキタトナリ」を立ち上げたそうです。

また「施設職員は子どもにしてあげたいことのアイデアを持っていても、時間やルールの制限で、できないことがある。私が児童福祉職員の便利屋さんになって実現したい。職員のように濃密ではないが、子どもと細く長くつながる場をつくりたい」と話しています。

◆◇◆ cafeシモキタトナリ ◆◇◆

○営業日時
・火~土曜日 11~22時(仕込休憩14~16時)
・日曜日 11~20時(イベント実施による変動あり)
・月曜日、祝日 休業日(ほか臨時休業あり)

○場所
 東京都世田谷区代田2-20-5 1F
 (アクセス:小田急線 世田谷代田駅 南口改札出口より徒歩2秒)

○お問合せ
 TEL:03-3411-8884
 FAX:03-4330-1287
 LINE ID:@lrb8302n

○cafeシモキタトナリ公式HP
http://simokitatonari.shoehorn.jp/

○福祉新聞○
http://www.fukushishimbun.co.jp/

カテゴリー: 東京都

自治体の「いじめ対策」採点 1位・鹿児島市、2位・仙台市、3位・川崎市

いじめ問題に取り組むNPO法人「ストップいじめ!ナビ」(代表理事:荻上チキ)は、各自治体が策定している「いじめ防止基本方針」に実効性があるか主要25市を対象に採点しました。2012年に設立された「ストップいじめ!ナビ」では、弁護士や不登校の問題にかかわる専門家ら約20人がいじめに関連する調査や行政への提言を第三者目線で行っています。

基準は25項目あり、項目ごとに採点し、満点は107ポイント。項目には、理念や方針が具体的か▽学校のいじめ防止対策組織に弁護士ら外部人材の参画を義務づけているか▽子どもが直接相談・通報できる窓口を公開しているか、などが含まれます。

 その結果、1位は77ポイントでいじめ行為について詳細に具体例を列挙した鹿児島市でした。教員らが判断する際の注意点も「いじめられていても本人が否定する場合があることを踏まえ、子どもの表情や様子をきめ細かく観察する」と指摘しました。市教育相談室などの電話番号を記載したカードも小中学生全員に配布しています。NPOは、読みやすくまとまり、いじめ防止に対する熱意を感じると評しました。

 2位は64ポイントの仙台市。評価された点は、心身や経済事情に被害が生じた場合などの重大事態について学校が主体的に調査する際、学校以外の委員(学校評議員やPTA役員など)を加えて公平性・中立性の確保に努めた構成にするとしているところです。

 3位は川崎市で57ポイント。市が学校を評価する時、いじめの事実が隠蔽(いんぺい)されないように、早期発見・再発防止活動を適正に評価するなどと記した点が他の自治体より優れているとしました。

カテゴリー: 学校・NPO情報

野菜を作りながら学ぶ!? マイファーム高等学院が開校

社会人向けの農業学校(アグリイノベーション大学校)を運営する株式会社マイファームは、4月1日に農業が学べる「マイファーム高等学院」を神奈川県横浜市内に開校します。

同校はアグリイノベーション大学校で培ったノウハウを活用し、農学カリキュラムを提供。また、独自の取り組みで有名な明蓬館高校と提携し、通信制高校カリキュラムを通して、高校の卒業をサポートします。さらに、農業技術師検定や技術師(農業部門)などの資格取得を目指すことも可能です。

学校説明会・体験入学会を実施中ですので、ぜひ足をお運びください。

◆学校説明会、入試説明会
3月12日(土)・16日(水)10:00-12:00

◆体験入学会
3月19日(土)・23日(水)・26日(土)10:00-15:00

◆入学に関するお問い合わせ
マイファーム高等学院/明蓬館マイファーム新横浜(http://myfarmer.jp/at-mhk/)
農業教育・実習受け入れ場所:〒223-0057 横浜市港北区新羽町 1400 小山園芸内
TEL:045-947-2727 
MAIL:customer@myfarm.co.jp

カテゴリー: 神奈川県

リヴォルヴ学校教育研究所 冊子無料公開

不登校児童・生徒のための学び場、ライズ学園(運営:認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所)が「不登校の心に寄り添い 育ち・学びを支えるために~私たちが行ってきたこと みんなでいっしょに考えたいこと」と題した15周年誌をホームページ上で公開しました。

この冊子は同学園が大切にしていることや活動概要・記録、卒園生・保護者の言葉などを包含しています。保護者を交えてのバーベキュー、ハロウィンパーティー、登山といった行事もあり、学園生活の一端をうかがうことができます。

また、スタッフ確保・資質向上、説明責任、地域との関係性についても提言しており、多くの教育関係者と情報を共有して教育全体の質を高めたい考えです.

カテゴリー: 学校・NPO情報

星生学園 卒業式

3月2日に、佐賀市のグランデはがくれで佐賀星生学園で卒業式が行われました。星生学園は不登校の生徒の受け入れをしている高等専修学校です。

今年度の卒業生は、全日制コースが29人と土曜日通学コースが10人の合計39人でした。加藤雅世子校長は卒業証書を渡すとき、卒業生一人ひとりに「小さな生き物を大切にする優しい気持ちを持ち続けて」「大学進学を勝ち取りましたね」とはげましやねぎらいの言葉をかけていたそうです。

卒業生代表の副島真桜さんは「人と関わることで得られる喜びや成長を実感できた。この先、大きな壁が立ちはだかったとき、学園での学びに立ち返り、乗り越えた先に待っている幸せそうな自分を想像し、頑張っていきたい」と答辞を述べました。副島さんは県内に就職が決まっているそうです。

カテゴリー: 佐賀県, 学校・NPO情報

top


最近の投稿

アーカイブ

メタ情報