サイトマップ

不登校、引きこもりからの復学、進学ガイド

Archive for the ‘兵庫県’ Category


学校苦手…演劇で自信を 不登校に悩む子らのサークル15周年 神戸のTFT

学校に行きづらい子どもたちが参加する演劇サークル「ティーンエージャーズ フリー! シアター(TFT)」(神戸市垂水区)が15周年を迎えた。これまでに小学校高学年から高校生までの82人が舞台に立った。大切にしてきたのは「演劇を通して、自分を好きになる」こと。節目の公演を12月に予定する。

兵庫教育大(兵庫県加東市)の学生有志による研究プロジェクトとして2005年9月に始まった。中学校演劇部の顧問経験があるメンバーが、学校で孤立しがちな子どもが生き生きと活動する姿を見て、「演劇には力がある」と感じたことがきっかけだった。

練習を開始する時点で、台本はない。一人一人が「やりたいキャラクター」を発表することからスタートする。小説家、魔王、夢を操る女の子、海賊、花火師…。すべて実現させる。

即興劇をしてもらい、子どもが発したせりふを記録して台本に盛り込むのもTFTの特徴だ。

 「上手な作品を作るのではなく、その子がやりたいこと、アイデアを全力で尊重する。自己肯定感を高める場になれば」というのがスタッフたちの願い。昨年は「シェアハウス」を舞台に、多彩な登場人物が登場した。

今はスタッフとしてTFTを支える神戸市の大学3年の女性(22)は小学校の時、いじめをきっかけに不登校になった。後に発達障害と診断されるが、「落ち着きがなかったり、学校で空気が読めなくてからかわれたり。でも、TFTではそっと受け止めてもらえ、安心できた」と話す。

小学6年から7年連続で舞台に立ち、魔法少女やネコの妖怪などを演じた。「練習の日が楽しみで、私の居場所だった。自分じゃない誰かになれるのも楽しかった」。今は大学で心理学を学びながら、活動を支える。

尼崎市の大学3年の女性(20)も中学時代、無視されるなどのいじめに悩み、登校しようとすると、頭や胃が痛くなった。TFTは高校2、3年の時に参加し、演劇を通じて「自分に自信が持てた」と振り返る。

今年はコロナ禍のため、例年より遅い8月8日から練習をスタートさせた。参加者は6人。12月13日には神戸アートビレッジセンター・KAVCホール(神戸市兵庫区)で15回目の公演を行う予定だ。

10年から保護者として関わり、現在は代表を務める井尻聡子さん(50)=神戸市垂水区=は「初めてTFTに参加した時、学校がしんどかった子どもが『ここは行ける気がする』と言った。これからも、子どもたちのやりたいことを引き出し、安心して活動できるサークルでありたい」と話している。

問い合わせはメール(kobe.tft@gmail.com)

カテゴリー: 学校・NPO情報, 兵庫県

休校明け 子どものストレスは 専門家がチェックシート公開 兵庫県

新型コロナウイルスの感染拡大で長期休校となっていた子どもたちの心のケアにつなげようと兵庫県立大学大学院の教授が心身の健康を確認できるチェックシートをインターネット上で公開しています。

チェックシートを作成したのは、災害臨床心理学を専門とする兵庫県立大学大学院の冨永良喜教授です。 冨永教授は長期間、感染の恐怖が続く中で、子どもたちがストレスを抱えている可能性が高まっているとしてチェックシートを作成。 3月からブログに公開すると、1日およそ1500件のアクセスが続いたということです。 チェックシートでは、なかなか眠れないことがあるかなど1週間の状態を4段階で回答できるようにしていて、コミュニケーションをとるきっかけとして活用してほしいとしています。

また、冨永教授は今後、学校の中で、いじめや不登校などが発生する可能性も指摘しています。 チェックシートは、年齢に合わせて2種類用意していて、富永教授のブログからダウンロードすることができます。

カテゴリー: ニュース, 兵庫県

学級が居場所となる学級づくり&子ども理解

学級そのものがうまくいかない。
子どもたちの問題行動にどう対処していいのかわからない。
不登校、暴力などにはどうしたらいいのだろうか。
――そんな悩みを抱えた先生方に。

仙台で学級カウンセリングのスーパーバイザーとして、多くの学級を立ち直らせてきた八巻寛治さんを神戸にお迎えし、居心地の良い学級づくりと子ども理解のセミナーを行います。一緒に学級・子どもについて考えませんか?

<開催日程>
2020年4月11日(土) 10:00〜16:30
<開催場所>
三宮コンベンションセンター
兵庫県神戸市中央区磯辺通2-2-10 5階
<参加費>
3000円
<お申込み>
WEB:https://www.kokuchpro.com/event/c8c52a02fcb4f6004b120578010805b6/

カテゴリー: 兵庫県

不登校の児童・生徒増加 西宮で新たに支援施設開設へ

西宮市教育委員会(兵庫県西宮市)は2021年4月に、不登校の小中学生が通う33カ所目の支援施設「あすなろ学級かわらぎ(仮称)」を同市中島町に開設することを決めた。
「かわらぎ」は、本年度末で休園する市立瓦木幼稚園を改修して整備する。

同市教委によると、病欠を除いて市立小中学校を年間30日以上欠席した18年度の児童と生徒は計816人。4年間で約2・4倍に増えた。

カテゴリー: ニュース, 兵庫県

2/27(水)不登校講演会を開催in尼崎市

2月27日(水)、尼崎市立武庫公民館にて、市民企画講演会「誰もがみんな不登校!?~”こうあるべき”からの卒業~」を開催します。

二部構成になっており、第一部はカウンセラーの北野弘子氏による講演会、第二部は不登校経験者によるパネルディスカッションを実施予定。

お近くにお住まいの方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

   
<開催日程>
2019年2月27日(水)10:00~12:00

<開催場所>
尼崎市立武庫公民館(尼崎市武庫之荘8-1-1)

<対象>
未就学児、親子、小中学生、一般、シニア

<定員>
先着40名

<詳細>
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/kouminkan/106_kouza/1005617/1015419.html

<申込締切日>
2019年2月26日(火)

<お申込み>
尼崎市立武庫公民館
06-6432-1177(月~土:9:00~17:30)

カテゴリー: 兵庫県

top


最近の投稿

アーカイブ

メタ情報