サイトマップ

不登校、引きこもりからの復学、進学ガイド

Archive for the ‘長野県’ Category


「不登校教育フォーラム2018」全国で開催

不登校経験者を3500人以上も受入れてきた不登校研究チーム(桜丘中学・青山高校・自由ヶ丘高校)主催の不登校教育フォーラム2018が全国の会場で開催されます。

当フォーラムは、不登校やひきこもりで悩む生徒・保護者・先生が対象。有識者による教育講演のほか、不登校を乗り越えた生徒による体験トークや質問コーナー、個別相談会を実施予定です。

参加費は無料なので、お近くの会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

<開催日程>
●長野県
 7/16(月・祝)13:30 〜15:00
 松本商工会館(3階) 長野県松本市中央1-23-1

 7/22(日)13:30 〜15:00
 JA長野県ビル(12階 E会議室) 長野県長野市南長野北石堂町1177−3

●愛知県
 7/15(日)13:30 〜15:00
 愛知県産業労働センター ウインクあいち(11階 1101)
 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 ※名古屋会場は、満席となりましたのでインターネットでのお申し込みはできません。

●滋賀県
 7/16(月・祝)13:30 〜15:00
 草津アミカホール(2F 研修室) 滋賀県草津市草津3丁目13-30

●大阪府
 7/29(日)13:30 〜15:00
 梅田スカイビル タワーウエスト (22F E・F会議室) 大阪市大阪府北区大淀中1-1

●兵庫県
 7/14(土)13:30 〜15:00
 西宮市大学交流センター(アクタ西宮 東館6階 講義室2) 兵庫県西宮市北口町1-2

●岡山県
 7/15(日)13:30 〜15:00
 岡山コンベンションセンター (4F 407会議室) 岡山県岡山市北区駅元町14-1

●鳥取県
 7/28(土)13:30 〜15:00
 とりぎん文化会館 (2F 第2会議室) 鳥取県鳥取市尚徳町101-5

 7/29(日)13:30 〜15:00
 米子コンベンションセンター(3F 第2会議室) 鳥取県米子市末広町294

●島根県
 7/22(日)13:30 〜15:00
 島根県立島根県民会館  (308会議室) 島根県松江市殿町158

<フォーラム詳細・お申し込み>
http://futoko.main.jp/?p=310

<お問い合わせ>
不登校教育チーム(青山高等学校内)
TEL : 059-262-4321(平日9時~17時)

カテゴリー: 兵庫県, 大阪府, 岡山県, 島根県, 愛知県, 滋賀県, 長野県, 鳥取県

地域の多世代交流の場を提供 長野県

NPO法人Hugは、長野県下伊那郡松川町元大島のあらい商店街にある「コワーキングスペースぺっかん」にて、「こどもカフェHug」を開いています。

木曜日と毎月第2・4土曜日に、対象者を地域のみに限定せず、子どもが放課後に自宅以外で過ごす居場所として食事を低価格で提供。この活動は口コミで広まり、地域住民から野菜や米などの食材が寄せられています。

子どもだけでなく大人や高齢者も利用するなど、世代を超えた交流の場にもなっており、多い日には30人近くが来店することもあるそうです。

代表の市岡さんは、「気軽に食卓を囲むことで、地域の人が安心できる場でありたい」と話しています。

こどもカフェHug-Facebook
https://www.facebook.com/kodomocafeHug/

カテゴリー: 学校・NPO情報, 長野県

諏訪市 市教委にスクールソーシャルワーカー配置

長野・諏訪市は4月に、スクールソーシャルワーカー(SSW)を市教育委員会に1人配置します。市内の小中学校を巡回して児童相談所などと連携し、不登校やいじめ問題対策に力を入れ、児童生徒の悩みを解決することを目指しています。

環境が日々変化する社会で、必要とされているSSW。家庭状況を考慮した上、子どもたちの声を聞き、時には家庭訪問で相談に乗ることもあります。

また来年度には、心の教室相談員を4人体制にして、市立全4中学校へ配置。悩みをもつ中学生への迅速な対応で各生徒の不安を取り除きます。

カテゴリー: 長野県

長野県教育委員会 県内でのいじめ大幅減少

18日に開かれた県教育委員会定例会で、今年度上半期(4~9月)は前年同期に比べ、いじめ件数が大幅に減少していることが報告されました。

県内公立学校684校を対象に実施された調査によると、小学校~高校、特別支援学校のいずれにおいても減少傾向が見られ、特に小学校では前年に比べ242件減となったとのことです。不登校児童生徒数についても、中学校や高校では以前より少なくなってきていることがわかりました。

本人からの訴えがいじめ発見につながるきっかけとなることが多くなっていることから、県教委は「自らいじめを訴え出る雰囲気が醸成されてきたのではないか」との見解です。

しかし全国的にもいじめが減少傾向にある中で、小中学生間でのインターネット上の誹謗中傷などは年々増加しているため、これに対応するいじめ防止条例の制定など国を挙げた対策が早急に求められています。

カテゴリー: 長野県

長野県 不登校の児童・生徒数が増加傾向に

長野県では、不登校になっている児童や生徒が増えています。2013年4月~9月は前年と比べると124人増の1666人となり、小・中・高校の全てで増加しました。

県の教育委員会によると、不登校となる児童と生徒の数は2007年度の3519人がピークで、その後2012年度までは徐々に減少していたそうです。

25日に開かれた検討委員会では、不登校問題への対応として、「保育所が小学校に提出する子どもに関する資料を活用してほしい」「継続的に支援する仕組みづくりが必要だ」などの意見が出ました。また、同会に参加した伊那市の市民団体「ながの不登校を考える県民の会」は、「不登校は子どものSOS。何に苦しんでいるか考えることが教育再生につながる」と提言。

委員長の伊藤学司さんは「背景はさまざまで、こうすればうまくいくということはないが、県レベルでの取り組みを続けていきたい」と話しました。

カテゴリー: 長野県

top

1 / 3123

最近の投稿

アーカイブ

メタ情報