サイトマップ

不登校、引きこもりからの復学、進学ガイド

Archive for the ‘宮城県’ Category


宮城県 中学生の不登校が全国ワースト1に

2012年度に宮城県内で不登校だった中学生の割合が、全国平均2.56%を上回る3.08%で、全国ワースト1になったことが文部科学省の学校基本調査でわかりました。

県内の不登校中学生の割合は、ピークだった2007年度(3.24%)以降減少傾向でしたが、今年度は2011年度(2.92%)よりも0.16ポイント上昇し、2年ぶりに増加。人数は2,017人(前年度比103人増)で、30日以上長期欠席した中学生2,513人(同212人増)の約8割を占めました。全生徒数からみると、不登校は32.5人に1人の割合です。

一方、不登校小学生の割合は0.36%で全国13位。長期欠席児童は1,144人(前年度比88人増)で、うち不登校は約4割となる449人(同18人増)。全児童では276.1人に1人の割合となりました。

不登校中学生の割合が増えた原因として、宮城県教育委員会は東日本大震災の影響もあると分析。仮設住宅での生活や転校などの環境の変化も一因とみられているようです。

被災3県の中でも宮城県の高さが際立っており、不登校中学生の割合は福島が2.34%で全国34位、岩手が1.91%で同46位でした。

カテゴリー: 宮城県

仙台で不登校の早期解決に向けたフォーラムを開催

5月12日に仙台市民会館で、引きこもりや不登校に取り組む宮城県、山形県、福島県のNPOによる合同フォーラム「引きこもり・不登校 早期解決への方法」が開催されました。

文部科学省の調査によれば、2011年度の宮城県内の不登校率は中学生が2.9%、高校生が2.1%でいずれも全国ワースト7位。高校中退率は2%で同3位と、芳しくない結果となっています。

フォーラムでは3県のNPO代表が、不登校を隠さず周囲に話し、家族全体で支え、専門機関に相談することが重要と訴えたとのこと。また、子供をコントロールするのではなくサポートすべきだとも提案したそうです。

カテゴリー: 学校・NPO情報, 宮城県, 山形県, 福島県

top


最近の投稿

アーカイブ

メタ情報