サイトマップ

学習障害のお子さんへの具体的なサポートについて

学習障害のお子さんへのサポート 特集

学習障害とは「LD」(Learning Disabilities)とも呼ばれます。

文部科学省の定義:『学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、 聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す 様々な状態を指すものである。
学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、 知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。』

具体的には、読み書きが苦手、話を聞かない、注意力が低い、落ち着きがない・・・ など幅広いケースが見られます。
こうしたお子さんに対する各校の実際の指導方法や事例、取り組みを紹介しているので、是非参考にしてください。

(*資料請求は全て無料なので安心してご利用ください。)

もっとあなたにピッタリな学校があります!

鹿島学園の通信制は、さまざまな悩みを抱える子どもたちの学びの場です。せっかく入学してもまた途中でダメになってしまうかも…という心配はいりません。時間に...

サポート対象 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者, 社会人
学校のタイプ 通信制高校・サポート校, 留学支援機関

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

学習障害といっても軽度なものから知的障害を合わせて持つ生徒まで様々です。同校は少人数制・個別での授業がメインで、生徒と教師の距離が近いので、個々の状況をすぐに把握することができます。生徒一人ひとりの特性から、それぞれのペースに応じた指導を行い、生徒に寄り添ったサポートしています。例えば、授業の問題を理解できないお子さまには、文字で書いたり、絵で描いて示すなどして生徒のレベルに合わせて分かるようにしています。また職員が障害について理解を深めるために、発達支援教室から臨床心理士の講師を招いて、定期的に指導を受けています。

過去の事例

学習障害は外見からは分からないため、まずは保護者さまにお子さまの障害のことを理解してもらうことから始め、ご家庭と連携してお子さまをサポートしています。
ある生徒は授業の中で、絵が得意だということが分かったため、絵を使った授業を中心に学習を行いました。勉強だけではなく、その子の好きなこと・興味のあることを伸ばしていき、将来の可能性を広げるサポートをしています。彼女は絵の才能に溢れているだけではなく、一つのことに対する集中力が高いという素質があります。職業は美術関係か研究者が向いていると思うので、どのような仕事をするのかを伝えて、将来を見出すバックアップをしています。

入学可能エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、岩手、宮城、福島、新潟、長野、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、広島、福岡、鹿児島

キミの家が教室に!どこにいても高校卒業を目指せる!

勇志国際高等学校はインターネットを活用して授業が受けられる通信制高校です。外出が苦手な方や通学に不安がある方でも、気にせずに学習できます。インターネッ...

サポート対象 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者, 社会人
学校のタイプ 通信制高校・サポート校

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

●すべてのレポート課題に対して、映像教材で解説しており、インターネット上で24時間いつでも視聴することができる。一時停止で解説や解き方を書き留めたり、巻き戻して繰り返し解説を聞くこともできるので、それぞれのペースでレポート課題を進めることができる。
●中学校内容から学習できる映像教材や、リアルタイムで受ける「ネット授業」も用意し、興味のあることから学習することもできる。
●学習センター(熊本・福岡・千葉)にて、個別に対応している。

過去の事例

-

入学可能エリア 全国47都道府県

1対1だからこそできることあります

家庭教師は1対1だからこそ、お子さまに合わせて対応できる、理解者になれる、親や先生とは違う相談相手になれます。トライは集団行動が苦手、学校の勉強につい...

サポート対象 小学生, 中学1・2年生, 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者
学校のタイプ 家庭教師

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

トライなら学習障害のあるお子さまの対応も万全です。26年間100万人の指導を通して培ったノウハウを基に、経験豊富な教師がお子さまの状況や個性を理解して指導します。1対1でお子さまの理解度に合わせて指導することで、着実に力が付き、自信が持てるようになり、前向きになっていきます。さらに、教師とは別に教育プランナーや教室長が担当として付き、一人ひとりに合わせた学習プラン作りや進捗の確認など、学習を万全にサポート。精神面のサポートも行いますので安心してお任せいただけます。

過去の事例

「わからないところ」を決して投げ出さない。
つまづきを一つひとつ克服し、志望中学に逆転合格!

学習障害のある息子がトライを始めたのは6年生の春でした。本人も周囲も諦めていた中で、志望校に合格できたのはトライのおかげです。先生が息子の苦手をしっかり把握してくれるので、回を重ねるごとに、教え方やペースがどんどん息子に最適なものになっていったと思います。常に隣に先生がいるおかげで、息子は集中力が途切れることなく机に向かっていました。わからないところを、わからないと投げ出すのではなく、まずはじっくり考える、諦めないという姿勢が身に付いたようです。息子の能力と可能性を信じ、これからも応援します。
T.Hくんのお父様

入学可能エリア 全国47都道府県

ジャンプのプロ家庭教師には不登校訪問専門員の認定をもつスペシャリストがいます。

ジャンプでは専門スタッフが不登校訪問専門員のライセンスを取得し、不登校問題に対して真剣に取り組んでいます。また「勉強の遅れ」をそのままにしておくと、精...

サポート対象 小学生, 中学1・2年生, 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者, 社会人
学校のタイプ 家庭教師

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

学習障害の症状は一人ひとりに違いがありますが、授業に飽きないように興味を引く内容で授業を進めることが大事です。家庭教師のジャンプでは、先生が作ったオリジナル教材などを使って、一人ひとりが興味を引く内容で楽しい授業を行っています。読み書きが苦手で絵が好きな生徒に対しては、紙芝居のように絵を使って説明をします。こうした教材を準備するためには手間と時間がかかるものです。授業時間外に教材を作ったり、丁寧に授業の準備ができるのは、熱意と責任感のあるプロの家庭教師(正社員)ならではのことです。継続して同じ先生に来てもらうことも可能なので、ご家庭から”安心”と"信頼”を得ています。

過去の事例

小学3年生のある生徒さんは、時計を理解することが苦手でした。興味のあることに対しては集中力が続くため、生徒の好きな折り紙を使って授業を行いました。自分で作った時計を使って授業を行い、まずは長針を読めるようになることから始めました。次に長針・短針を読めるように目標を設定して授業を行いました。生徒の興味を引く内容で気分を乗せて楽しく授業することを心がけ、苦手だった時計が読めるようになりました。このように、一つひとつ具体的な目標を保護者とお子様と一緒に決めて授業を進めていきました。その際、ご家庭と密にコミュニケーションを取り協力しあうことにより、お子様には負担がかからないように授業を行います。

入学可能エリア 東京 神奈川 埼玉 千葉 栃木 群馬 静岡 茨城

勉強だけじゃない!『学研式』ならお子様が抱えている悩みも一緒に解決!

不登校になってしまう原因はお子様によってさまざま。「このままでいいのだろうか?」と悩んでいませんか。学研の家庭教師では、お子様の勉強のサポートはもちろ...

サポート対象 小学生, 中学1・2年生, 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者
学校のタイプ 家庭教師

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

ひとくちに学習障害といっても決まったマニュアルや対策がある訳ではないですしADHDなどの広汎性発達障害と重複するケースもありますので、お子様の状況によって臨機応変に対応しなければなりません。
私たちは、苦手を障害としてではなく「お子様の個性」として捉えることで一人ひとりのお子様にあった指導方針を設立しています。
状況を見極めるためにまず専門スタッフがヒアリングして、指導開始後も先生と方針を微調整しながら少しずつ「できる喜び」を分かってもらえるように工夫しています。例えば、カードやパズルなどを使ったゲーム性の高い授業や、「書く(書かせる)」という方法以外での指導法などを積極的に取り入れています。

過去の事例

小5のBさんはせっかちな性格で、勉強面でも早合点をしてしまい計算ミスをしたり、文章をよく理解できずに得点を落とす事が多い子でした。自治体の教育支援センターでWISC(知能テスト)を受けた結果、ADHDの傾向もある学習障害であることが分かりました。
私たちは、注意散漫になりがちなBさんに対して、小まめに休憩を取りながら、集中しやすい時間配分で授業をすすめました。
また、指導中の解説も「言葉は短くシンプルに、また、耳から入れる情報だけでなく、図や文字で書いて具体的なイメージをさせる」ようにしました。
結果、苦手だった文章題も生徒独自の手法でミスを少なく解けるようになり、現在は数学が一番の得意科目と言ってくれています。

入学可能エリア 北海道、宮城県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県、熊本県※北海道、岡山、熊本は一部地域で可能

登校コースを新たに開設。通学したい方へのニーズに応えて!

NHK学園高等学校は、自宅で「NHK高校講座」を利用して学習する通信制高校です。2015年4月より東京本校限定で「登校コース」を新設。週3日登校するコ...

サポート対象 中学3年生(高校進学), 高校生, 中卒・高校中退者, 社会人
学校のタイプ 家庭教師, 通信制高校・サポート校, 高卒認定予備校

学習障害の
お子さんへの
対応・指導要領

学習障害は軽度や重度のものまであり、全般的な知的発達に遅れがないため、外見では判断できません。
当校では、学習意欲があり、自分で字を書いたり、一人で勉強ができる生徒には時間をかけてゆっくりサポートしています。どうしても学力が伸びない生徒の場合は、試験の結果だけで判断せず、レポート提出や出席状況など様々な観点から評価を行っているので進級や卒業も可能です。
また、絵が得意、記憶力がよい、得意教科があるなど一人ひとりの特性を理解し、その子が力を発揮できる分野をうまく伸ばせるようサポートします。できる限り本人や保護者さまの気持ちを優先して学習を進めており、特別扱いはせず、必要があればご家庭と相談しながらマンツーマンで対応しています。

過去の事例

全日制高校のように3年で卒業するというわけではなく、5年、6年と時間をかけて高校の卒業を目指しています。中には10年以上かけて卒業した生徒も。

入学可能エリア 全国47都道府県

top



bottom
specer